物件購入のためのメリットがあることを知っていますか

購入でかかる税

不動産は固定資産税の課税対象であり、更地よりも土地付き住宅として所有した方が固定資産税が安くなることもまた常識であります。個人事業主が税金対策として経費で別荘を購入するというケースもまるで皆無ではなく、福利厚生の名目で購入することは合法的な税金対策として有名です。 基本的に租税計算は前例主義の性格を帯びており、不動産に課せられる固定資産税にしても同様です。当該不動産が立地する自治体に問い合わせて前例について知った上で適正課税額を算出してもらうように相談してみるのも1つの手です。税務署の方針や税務署職員の対応によっては本来よりも不動産の所有者に有利な租税計算をしてもらうということも十分に有り得ます。

不動産業界は年々売り込みの激しさを増しており、住宅展示会でも景品を付けて新築住宅の売り込みを行うというケースは珍しくありません。近年では不動産会社の営業職員も不動産に関する美点ばかり強調するのではなく、不動産購入に対する認識の厳しさを持つように進言するケースもままあります。 要するに現在のトレンドとして業者自身が売り出しを行う不動産について説明責任を果たし、顧客がそれを理解することが当て嵌まるということです。これは自己責任論が一般化した現代社会であるからこそ当て嵌まる事柄であると言えます。業者の説明責任に対する要求が高まったその分だけ顧客もそれなりの理解力を持たなければならないとも言えるでしょう。

Copyright© 2015 物件購入のためのメリットがあることを知っていますかAll Rights Reserved.