物件購入のためのメリットがあることを知っていますか

分譲について

分譲住宅での不動産売却

分譲住宅の開発を考えるにあたり、まずは、土地の取得を行うことであります。分譲住宅を構想している予定地を売買で取得しなければなりません。これにはかなりの費用がかかると想定され、資金の運用能力が問われるところであります。分譲住宅の予定地の確保が出来、開発という形になるのですが、同時に自治体に開発許可をもらわなければ開発に着手できません。長ければ3ヶ月は許可申請に時間を要することになるでしょう。開発には土地の区割りから始まり、新築物件の構想、上下水道の完備、上下水道にかかる工事については、開発工事と同時に行うことをお勧めします。後施工の場合、完成した道路をまた掘削することとなるからであります。段差ができてしまい、見栄えも悪くなりますので、あと施工はやめておいたほうが得な策と考えます。

売却までの維持管理について

分譲住宅の開発は開発後の維持管理が出来なければ、開発事業が失敗となってしまいます。分譲住宅が売却出来ない、買い手がなかなかいない、などの事由で進まない場合、開発の費用の返済は始まってしまいますので、支払いは始めなくてはなりません。大部分は売却益を考えて、分譲住宅の維持管理費を計算するのでありますが、あくまでも机の上での計算であり、実情とは違います。また、開発時に土地を会社が取得することとなりますので、不動産取得税の支払い、自治体が課税する固定資産税、都市計画税の支払いも始まります。順調に売却が進めば良いのですが、進まない場合は、経営が傾き、維持管理ができなくなり、金融機関、自治体から競売、公売と強制執行され、開発事業は失敗となります。

Copyright© 2015 物件購入のためのメリットがあることを知っていますかAll Rights Reserved.